『萱切稲童 探検』 その2



5月に探検した萱切隧道を再訪。
前回は、本庄側からアプローチしたのみ。
横瀬側を見ずに次のポイントへ移動した。
ということで、今回は横瀬側をメインに
未踏の稲童掩体壕を探しに。



  何を血迷ったか、たれぞ〜さんは、
  「絶対に旧道があるはずだ!」。

  無いとは思いながらも、渋々左を
  選択した。



  程なく山頂に到達したが、道らし
  きものは見つけることができなかった。
  やはり旧道ではなかった。



  たれぞ〜さんは、後退と言う言葉を
  しらないらしい。

  道もないのにどんどん降りていく。



  下には、萱切隧道の記念碑が見える。

  どうやらここから滑り降りるらしい。


  とりあえず本来の道に戻り、
  隧道の写真を撮りまくる。
  が、今日はピンボケだらけだ。




  とりあえず萱切の目的を果たし、
  本庄の大楠駐車場に戻る。




  途中、前回見落としていたと思われる
  石垣を発見。
  おそらく倒木や草などに隠れてわから
  なかったのだろう。




  突然だが、日豊本線旧線跡に移動

  ここも前回薮と蚊の大群に阻まれ、
  断念した所だ。

  新田原方面から旧線と現在の線との
  分岐点。



  木が途中からバッサリと切られ
  気になっていた蜘蛛の巣が無く
  すんなりと通ることができた。




  日豊本線旧線跡に向かうため
  築城基地の横の駐車場にバイクを
  停めていたのだが、実は翌日に航空祭
  があるため、アクロバット飛行などの
  練習をしていた。


萱切稲童探検 その1へ    萱切稲童探検 その3へ

2007年の探検記録のメインに戻る
inserted by FC2 system